2019年05月07日

5/1 ミチロウさん

P1070310.jpgP1190047.jpgP1030174.jpgP1010363.jpgP260.jpgIMGmitirou.jpge0356014_12225649.jpg
絶対復活してくれると信じてたミチロウさんの訃報にショックで一晩眠れず、たくさんの人の追悼の文章を読んでて朝が来た。
あんだけ凄いエネルギーを持った人は不死身だと勝手に思い込んでた、膠原病からの復活も目の当たりにしたし。
なかなか言葉にすることが出来ず、でもずっとミチロウさんのCDを聴き続けて5月6日のウイズユーのライブで自分達なりの追悼したので、そろそろ受け入れて言葉にしようと思い書き始める。

初めてポレポレにミチロウさんが来たのはたぶん1994年かな?寺岡さん(呼人のお母さん)が連れて来てくれた。
スターリンのベース弾きと二人で、この時はやたらとテンションは高いけど唄もギターもぐちゃぐちゃで聴きながら次はないかなあって思ってた。
でもミチロウさんの誠実さややさしさにもう一回引き受けてみようかなって思ってその日は終了。
お客さんは満員だった。
次の年やって来たミチロウさんはビックリするほど進化してきた!
さらに次の年はもっともっと進化してやって来た!年間200本を超えるライブをやってた。
それは毎年続き驚いたのは上手くなってもテンションは下がらない!ほとんどの人は上手くなるとエネルギーが落ちてくるのが普通だけど。
そうやって毎回深みを増してくる唄とギターにすっかりやられていつの間にか大ファンになっていた。本当に尊敬してしまっていた。
いつの頃からか一緒に演奏させてもらうようになると発するエネルギーに圧倒され、自分を全開にしてベースを弾いてミチロウさんにぶつけていくことがとっても楽しみになった。どうぶつけてもびくともしないミチロウさんが最高だった。
それと前座にパンクメ、オカダノリコ、青山慎介、ウイズユーなど出てもらうと、その瞬間に進化する姿をみることが出来たり。
ミチロウさんは大きく受け止めてさらに凄いエネルギーを返してくれた。
リュウマチになる前にはもう本当に圧倒的なライブをやってくれた。
病気をいろいろと抱えるようになってからのミチロウさんはどんどんオンステージとオフステージが近くなり、特に震災後からのライブは本当に素のままライブしてるようによくしゃべりステージでもよく笑ってたなあ。
ポレポレの応援ライブの募金も初めプロジェクトフクシマに託そうかと思って相談したら「こっちは組織もしっかりしてるし大丈夫だから」って言われて「MY LIFE IS MY MESSAGE」に託すことになったし、盆踊りのことなんかも色々と教えてもらった。
お互い大好きな猫のことやいろんなことをミチロウさんと話すことが凄く楽しかったなあ。
石垣に行くって言ったら嬉しそうに猫の島のことを教えてくれた。
その頃になるともうベースも挑むような弾き方じゃなくて一緒に音楽を作ってる気持ちでさらに楽しくなったし、ミチロウさんも凄く楽しそうに唄ってたなあ。
最後になっちゃった去年の8月5日も凄く楽しそうで私も本当に幸せだった。
2月に「遠藤ミチロウさん勝手に応援ライブ」やって募金を送ったら凄く喜んでくれてそれがこちらも嬉しかった。
勢いあまって「ミチロウさん」って曲まで作ってしまった、今度来たら聴いてもらって笑ってもらおうと思ってた。
また一緒に演奏したかったなあ。
本当に楽しい時間をいっぱいありがとうございました!

「ミチロウさん」

あんたはいつも やさしく微笑んで
お土産もって やって来る

尽きぬマグマが 溢れるように
いつまでも 唄っていたね

あんたはおいらの 憧れの人
すべてをさらけ出して 唄ってる

みっちゃんみちみち みちくさしないで
みんなが待っているよ 戻っておいで

まだまだ尽きぬ マグマが燃え滾る
戻っておいでよ 杖ついて

あんたの唄が 聴きたいよ
あんたの叫び声が 恋しいよ
posted by yu at 22:51| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: